“きやうちゆう”の漢字の書き方と例文
語句割合
筐中100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この、ある意味に於ての荒法師が、筐中常に彼可憐の貞女の遺魂を納めて、その重荷を取り去ることを得ざりしと、懸瀑に難行して、胸中の苦熱し難き痛悩とは
心機妙変を論ず (新字旧仮名) / 北村透谷(著)