心機妙変を論ずしんきみょうへんをろんず
哲学必ずしも人生の秘奥を貫徹せず、何ぞ況んや善悪正邪の俗論をや。秘奥の潜むところ、幽邃なる道眼の観識を待ちて無言の冥契を以て、或は看破し得るところもあるべし、然れども我は信ぜず、何者と雖この「秘奥」の淵に臨みて其至奥に沈める宝珠を探り得んと …
作品に特徴的な語句
つゑつ あたは たも とぶ すぐ さきだ すべて 庶幾しよき いづ ちか 佇立ちよりつ いだ 女人をんな うる 眼前めのまへ 首肯しゆこう いで つひ みづか おき 依怙いこ 向前かうぜん さかひ ともゑ そも すゐ かく さと いは 為難なしがた おこ 躊躇ちうちよ つひ いへども たふ 今年こんねん たゞ すべ 刮目くわつもく ひく あゝ 回向ゑかう 如何いかん じつ 常磐ときは 幽邃いうすゐ のち 所以ゆゑん 所謂いはゆる 断截だんせつ 施為せゐ あした 棘然きよくぜん 生悟なまざと 発機はつき まこと 筐中きやうちゆう あつま いやし こゝ かく 豁然くわつぜん あやま わす 鉄欄てつらん かた 万籟ばんらい うち 九竅きうけう 亢立かうりつ ほか 傲漢がうかん およ うしな 奈何いかん 如何いか ねが 彼時かのとき 悖虐はいぎやく 懺悔ざんげ 文覚もんがく ほどこ あした さき かれ しか 眠熟みんじゆく 磊落らいらく 竟極きやうきよく もと