“縹”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はなだ71.4%
ハナダ14.3%
あさぎ7.1%
はなだいろ7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
死骸しがいはなだ水干すゐかんに、都風みやこふうのさび烏帽子ゑばうしをかぶつたまま仰向あをむけにたふれてりました。
藪の中 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
旅の若い女性によしやうは、型摺りの美しい模様をおいた麻衣を著て居る。笠は浅いへりに、深いはなだ色の布が、うなじを隠すほどにさがつてゐる。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
わたしはほとんどゆめうつつのうちに、をつとはなだ水干すゐかんむねへ、ずぶりと小刀さすがとほしました。
藪の中 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
一人は濃いはなだ狩衣かりぎぬに同じ色の袴をして、打出うちでの太刀をいた「鬚黒くびんぐきよき」男である。
芋粥 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
クリッとした利巧そうな目で小圓太の次郎吉は、はなだいろに暮れようとしている十一月の夕空の一角を悲し気に見つめていた。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
各二株の竹の間に、二条の、長さ八尺・幅八寸の帛に鈴二つづゝつけて張り渡したらしく、色はハナダと緋とが六旒づゝであつた。
幣束から旗さし物へ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
鴨頭草ツキグサの ハナダ深きマミ——
「古代感愛集」読後 (旧字旧仮名) / 堀辰雄(著)
外をながめながら後ろの板へよりかかっていた薫の重なったそでが、長く外へ出ていて、川霧にれ、あかい下の単衣ひとえの上へ、直衣のうしあさぎの色がべったり染まったのを、車の落とし掛けの所に見つけて薫は中へ引き入れた。
源氏物語:52 東屋 (新字新仮名) / 紫式部(著)
それそれ俯向うつむいた頬骨ほおぼねがガッキととがって、あごくちばしのように三角なりに、口は耳まで真赤まっかに裂けて、色もはなだいろになって来た。
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)