“あさぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
浅葱42.0%
浅黄37.5%
淺葱9.7%
淺黄9.7%
0.6%
葱青0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
着ている物は浅葱無紋木綿縮と思われる、それに細いのついた汗取りを下につけ、帯は何だかよく分らないけれども
幻談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
いたやうな……藤紫に、浅黄群青で、小菊撫子しくめた友染いて、を、はきら/\とつてた。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
萬筋の野暮なを高々と端折つて、淺葱の股引に素草鞋穿いた喜助は、存分に不景氣な身扮のくせに、ちよいと好い男振りでもありました。
「お袋は取つて六十七だが、白地の手拭は汚れつぽいからと言つて、淺黄の手拭でなきや、どうしても使はねえ」
外をながめながら後ろの板へよりかかっていた薫の重なったが、長く外へ出ていて、川霧にれ、い下の単衣の上へ、直衣の色がべったり染まったのを
源氏物語:52 東屋 (新字新仮名) / 紫式部(著)
笹村の前には、葱青朽葉、紺、白、いろいろの講中の旗のるされた休み茶屋、綺麗に掃除をした山がかりの庭の見えすく門のある料理屋などが幾軒となくあった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)