“宇宙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うちゅう43.5%
うちう39.1%
ちう4.3%
うちゆう4.3%
よのなか4.3%
コスモス4.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
秀吉はこれにして、なんともいわず、ればるほど宇宙いので、ただためをもらしながら、双眼鏡ちゃんにかえして
さか立ち小僧さん (新字新仮名) / 小川未明(著)
〔譯〕象山の、宇宙の事は皆分内の事は、れ男子擔當の志の如きを謂ふなり。陳澔此を引いて射義す、めてなり。
秋待顏の萩の上葉にいこひもやらず、けさのあはれのあさがほにふたゝびたびをうちてた飛び去りて宇宙に舞ふ。
北村透谷詩集 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
あなたをおそれないものはおそらく、この宇宙に、ただの一つもありますまい。
ある夜の星たちの話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
余は常に空気と、物象と、彩色の関係を宇宙でもっとも興味ある研究の一と考えている。色を主にして空気を出すか、物を主にして、空気をかくか。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
早寝ので聴いてゐる。……プラステイックな宇宙のしはぶきを。(このとき、地球はほどの大きさしかない)
(新字旧仮名) / 高祖保(著)