さか立ち小僧さんさかだちこぞうさん
こい紫の、ちょうどなす色をした海の上を、赤い帯をたらし、髪の毛をふりみだしながら、気のくるった女が駈けていくような、夏の雲を、こちらへきてからは、見られなくなったけれど、そのかわり、もっとやさしい女神が、もも色の長いたもとをうちふり、うちふ …
作品に特徴的な語句
うし あじ うえ けん すく はん めん ねつ 故郷こきょう あたま おと かい あいだ 金色きんいろ うん はな した せい しゅ 秀吉ひできち さか 燈火ともしび けむり はは しょう 東京とうきょう ほう きゅう かれ つよ たい さっ いえ しつ まも 大雨おおあめ そと 夕雲ゆうぐも ごえ はい 共通きょうつう くだ ひか なか 主人しゅじん さき つめ 以上いじょう からだ むし おもて くさ げい はな いろ 自然しぜん 自分じぶん 自信じしん むね 肉眼にくがん みみ かんが はね 仕事しごと みどり 給金きゅうきん 細道ほそみち ほそ むらさき 純粋じゅんすい あか 精巧せいこう ばん 病気びょうき まち ねむ