何者なにもの
作者の言葉 犯人は最初から読者の目の前にいながら最後までどれが犯人だか分らない。と云うのが所謂本格探偵小説の一つの条件みたいになっています。なるべくその条件に適わせることを心掛けました。敏感な読者は四五回も読まぬ内に犯人が分ってしまうかも知 …
作品に特徴的な語句
げん おわり うめ いず こわ だけ ぬれ ぜん いわい むこう くつが こまか がた おい おち くるし おろか あるい はなはだ こつ ふう ため 盗賊とうぞく かたわら 看破かんぱ すべ におい きま かた おと 天上てんじょう にぎや やみ 見覚みおぼえ すで 巴里パリー 市街しがい 綴糸つづりいと ゆびさ かんがえ たま うなず おそ はなは よし 申述もうしの かん 白粉おしろい そう 真鍮しんちゅう 眼鏡めがね 矢鱈やたら くだ たしか 磊落らいらく 神楽かぐら まれ 稽古けいこ 穿 突飛とっぴ 窃盗せっとう 竹竿たけざお はず 管々くだくだ みの こも 素人しろうと 絨氈じゅうたん まと 羅列られつ 羽目はめ 聞耳ききみみ 聞訊ききただ 這入はい 金箔きんぱく 金目かねめ 金側きんがわ 鄭重ていちょう やしき 遺憾いかん とて あたり 辻褄つじつま 迂闊うかつ 金鎖きんぐさり 逐一ちくいち