“羅列”の読み方と例文
読み方割合
られつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かかる緊切なる当面の要求に応じて生まれた本講座は、歴史的事実の単なる羅列、説明をもって能事おわれりとするものではない。
一方ではまた浅薄な概括的論述を羅列した通俗科学的読み物がはなはだしく読者をあやまるという場合もしばしばあるであろう。
自由画稿 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
彼には、あの砲弾のような鮪の鈍重な羅列が、急に無意味な意味を含めながら、黒々と沈黙しているように見えてならなかった。
花園の思想 (新字新仮名) / 横光利一(著)