“まな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マナ
語句割合
50.6%
15.3%
9.4%
8.2%
8.2%
1.8%
真名1.8%
1.2%
真奈0.6%
目無0.6%
眞名0.6%
眞奈0.6%
真字0.6%
真魚0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
体格は骨太頑丈な作り、その顔はジリ長く切れ、鼻高く一見して堂々たる容貌、気象も武人気質で、容易に物に屈しない。
非凡なる凡人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
それからまた、横浜から箏を持ってびにゆくというにもわたしには心あたりがあるので、思わず破顔したのだった。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
いつか私は「びの家」と呼ばずに、これから「おぼえる家」にしようではないかと冗談まじりにいったことがあった。
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
學校といふのは此大島小學校ばかり、其以外にはいろはのいの場所はなかつたので御座います。不精々々つてました。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
叩く木兔あなづらひ。おのが尾をさやるを知らに。おのが羽をさやるを知らに。枝うつりいよりみだらひ。とよもせるかも。
長塚節歌集:1 上 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ある疑問に似たものを持つ思いなしか、ざしなどにはその人のよりも聡慧らしさが強く現われては見えるが、切れ長な目の目じりのあたりのな所などはよく柏木に似ていると思われた。
源氏物語:37 横笛 (新字新仮名) / 紫式部(著)
うて筋違から二軒目に小さな柳の樹が一本、その低い枝のしなやかに垂れた葉隠れに、一間口二枚の腰障子があって、一枚には仮名、一枚には真名で豆腐と書いてある。
三尺角 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
石舟斎は、長政の恩師であり、長政は、石舟斎の弟子だった。
剣の四君子:02 柳生石舟斎 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お縁に来てみると、甲虫の箱のわきに、ブリキやセルロイドで作つた小さな車のおもちやを、真奈ちやんがドッサリ持つて来てゐました。
かぶと虫 (新字旧仮名) / 槙本楠郎(著)
有一君は四年生で、真奈ちやんは二年生です。二人は競争で、毎朝涼しいうちに、夏休みの「おさらひ帳」を勉強します。
かぶと虫 (新字旧仮名) / 槙本楠郎(著)
どうかしばらくの間目をつぶっていてくださいなどと、目無しかたまや亀の背という手続きもなく、いとも無造作に海中の異郷に連れて行くのが普通である。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
うて筋違から二軒目さなが一のしなやかにれた葉隱れに、一間口腰障子があつて、一には假名、一には眞名豆腐いてある。
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「何がそんなに面白いかえ」……かう消魂しく叫んで手古奈に走り寄つたは、太都夫の妹眞奈であつた。二人は一寸笑顏を見合せたまゝ互に井戸を覗く。おオ綺麗な紅葉よと眞奈も云つた。
古代之少女 (旧字旧仮名) / 伊藤左千夫(著)
永享十年八月二十三日四季部奏覧を終え、一条摂政兼良が真字序・仮字序ともに作った。永享十一年六月二十七日全部の功を終えた。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
堺より真魚もたらして友来たるこのときつよに冥加をおもへ
閉戸閑詠 (新字旧仮名) / 河上肇(著)