“高杯”の読み方と例文
読み方割合
たかつき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
食事は江戸に比してすべて粗末であったが、菓子は立派に高杯に沢山盛られてあった。出入の商人などは時々私の家族などに面白可笑しく話をしかけ、役者の批評などもした。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
六条院の各夫人から産室への見舞い品、祝品はさまざまに意匠の凝らされたものであった。折敷衝重高杯などの作らせようにも皆それぞれの個性が見えた。五日の夜には中宮のお産養があった。
源氏物語:36 柏木 (新字新仮名) / 紫式部(著)
の手これ將たむる日の高杯
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)