“まなこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マナコ
語句割合
98.6%
巨眼0.2%
正見0.2%
0.2%
眼中0.2%
眼光0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平常は死んだ源五郎鮒の目の様に鈍いも、此時だけは激戦の火花の影を猶留めて、極度の恐縮と嘆願の情にやゝ湿みを持つて居る。
雲は天才である (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
兎角するはます/\接近つて、燈光闇夜めく魔神巨眼のごとく、本船左舷後方四五百米突いてる。
ふるに前檣々頭一點白燈と、左舷紅燈えで、右舷毒蛇巨眼緑色舷燈せるは、船橋にも、甲板にも、舷窓からも、一個火影せぬかの
直次が驚愕に青ざめしを斜に見下して、お蘭樣は冷やかなる眼中に笑みをうかべて、水の底にも都のありと詠みてを誘ひし尼君が心は知らず、我父は此世の憂きにあきて
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
眼光るゝ柔き接触……魂も消える柔き接触。
「俺は碧光のを贈ってやろう」
太虚司法伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)