“けえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ケエ
語句割合
61.1%
24.2%
4.7%
2.0%
甲斐1.3%
1.3%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
帰京0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時々合口だもんだから、長次こうと仰しゃってお供で来るけれども、何うかすると日暮れ方から来て戌刻前る事もあるし
甚「カラうも云う事は子供でげすねえ、幾らア五拾両、けれども、エヽと、二拾両ばかりが目の出た時して、三拾両あります」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
『早くつて寢るた。恁麽時何處ウ徘徊くだべえ。天理樣拜んで赤痢神が取附かねえだら、ハア、何で醫者藥がるものかよ。』
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
藤「なアにそんな事はねえ、貴方は始めてのことだから親父さまがくよりって大事にするだんべいよ」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
多「己此処まで惣吉の供をして、今坊を連れて山を下りては四年五年心配った甲斐がねえ」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
く大勢寄ると阿弥陀の光りという事を致します、鬮引をして其の鬮に当った者が何か買って来るので、夜中でもいなく菓子をくとか、酒をくとかして
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
お前にしてからが、俺のような一生世間師で果てようてえ者についてくより、元の亭主の——ああいう辛抱人へった方が末始終のためだぜ。
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
「笑談言っちゃいけねえ。俺あ旅から旅と果なしに渡り歩く体だ、お前なんかにわられてたまるものか。いいじゃねえか、お前も女と生れた仕合せにゃ、誰でもまた食わしてくれらあ。それも気がなきゃ、元の万年屋がとこへるのさ。」
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
久藏ったかえ……あれまア締りのねえ戸だ、叩いてるより開けてる方がい、ぱれえになって仰向にぶっくりってっていやアがる、おゝ/\顔に附着いて居るのに痛くねえか
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
イグナート・イグナートウィッチ! でくれ! 嗅でくれ! 医者の口を嗅でくれ!
ピムキン、でかした! (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
お前はそれをやり過して、裏口から逃出したのだらう、——お前が下手人なら、の高くなるのに、小判がるほど温めて寢て居る筈もあるめえ
はア、それから殿様とごいっしょに京都に行かっしゃりました御様子で、まだ帰京らっしゃりますめえと、はや思うでごぜエますよ
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
マン坊の方はそんな気でも、まあだ、やんはあんたのこと、あきらめんというぞ。根が狡ン坊のうえに、大学出の智慧者じゃけえ、惚れたがメッチャラで、なにを企らむか知れん。気を
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
冗談じゃねえ。何が這入てると思う。種油だよ、しずくぐらいでてたまるもんか」
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
先刻おつうにのおいてつてそれでもやつとんだところだよ」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)