“かえっ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
76.5%
18.5%
1.7%
夕方帰0.8%
帰京0.8%
帰宅0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お医者様の処に鉄砲を習いに行くと云うのは、世の中に余り例のない事のように思われる。れこそて不都合な話ではござらぬか。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
去る者日々にしとは一わたりの道理で、私のような浮世の落伍者はて年と共に死んだ親を慕う心が深く、厚く、かになるようだ。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
一月十日 午前運動のめ亀井戸までゆき。やや十二時すぐる頃て来ると。妻はあわてて予を迎え。今少し前に巡査がきまして牛舎を見廻りました。
牛舎の日記 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
心ならずもいをしまい夕方帰て留守中の容子を聞くと、ように泣児が、一日一回もぬとれ、不審ながらもんで、それからもその通りにして毎日、いに出向とても
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
一旦帰京て二度目にまた丁度行きたる田原が狼狽し、書捨て室香に紀念せし歌、多分そなたがて居るならんと手紙の末に頓智
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
だ倉蔵これを急いで村長のへ持て行けと命令りましたからその手紙を村長さんへ持て行って帰宅てみると最早仕度が出来ていて、直ぐ停車場まで送って今帰ったじゃがの、何知るもんかヨ
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
スルト同行の山田八郎う男が私を助けて室外に連出し、水などましてれてヤット正気にた。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)