“かえり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カエリ
語句割合
49.8%
帰途18.2%
13.8%
帰路4.9%
帰宅4.3%
3.4%
帰来0.9%
0.6%
還幸0.6%
帰京0.3%
帰着0.3%
反省0.3%
帰宿0.3%
帰期0.3%
帰舟0.3%
帰郷0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「やあ、こんながここにいているのはしい。このとこなつは、にあるとこなつです。」と、ほかの人々みていった。
公園の花と毒蛾 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「君がはじめて来てくれたのは、二十四年だったかね。そうそう、君をおくった帰途に、巡査にめられたことがあったっけなあ。」
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
そのような指導は誰がしたか。一言でいうならば麻の一千年間の便利なる経験を、まるまるみなかった先覚とやらの誤謬ではないか。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
自分は人々にって、堤腹にを出しながら、帰路には捨てるつもりで持って来た安い猪口にが酒をいで呑んだ。
野道 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「それから、園長はときどき夜中の一時や二時にお帰宅のことがあるそうですが、それまでどこで過していらっしゃるのですか」
爬虫館事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
独言つゝ大鞆は此署を立去りしが定めし宿所にやけん扨も此日のに暮んとする頃の谷間田は手拭にて太き首の汗を
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
過ぐる日の喀血に、一たびは気落ちしが、幸いにして医師の言えるがごとくそのあとに著しき衰弱もなく、先日函館よりの良人書信にも帰来の近かるべきを知らせ来つれば
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
ここにおいてか警察部長は万一をおもんぱかり、彼に向かってせつに集会を中止せんことを求めたけれども、元来彼ロイド・ジョージは、自らみてからずんば寛博といえどもざらんや
貧乏物語 (新字新仮名) / 河上肇(著)
供奉の公卿百官から滝口(近衛兵)の甲冑まで、洩るるはなき鹵簿であったが、俊基朝臣だけは、天皇のお還幸を仰いだ後も、あとの残務にとどまるものと見せて、じつは飄然
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
実は何ですて、わたしも帰京はしても一日泊まりですぐとまた広島に引き返すというようなわけで、そんな事も耳に入らなかッたですが。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
飯田町のお嬢様はお帰京遊ばす、看護婦さんまで、ちょっと帰京ますし、今日はどんなにさびしゅうございましてしょう、ねエ奥様。茂平(老僕)どんはいますけれども
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
意外に暇どりて、日も全く西に沈み、夕月田面に映るくにして帰り着けば。鷲郎ははや門にりて、黄金丸が帰着を待ちわびけん。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
黄金丸は呵々と打ち笑ひて、「さな恨みそ。今日は朱目ぬしに引止められて、思はず会話に時を移し、かくは帰着れしなり。構へて待たせし心ならねば……」ト、ぶるに鷲郎も深くはめず
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
……養父の顔も見たし、弟にも会いたしと、昨日は、愚かな思慕に迷って、一途養父の住居を探しあるきましたが、昨夜、眠ってから静かに反省みて恥かしい気がいたして参りました。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
同宿の悪太郎輩も心附かなんだが、秋元の女房は近来貞之進の帰宿が遅く、預りの金をことごとく請戻したことから、羽織帯小袖の注文石鹸香水の吟味が内々行われることを考え合せ
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
帰期らせに来た新造のお梅は、次の間の長火鉢に手をし頬をり、上の間へ耳をてている。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
帰舟は客なかりき。醍醐の入江の口をる時彦岳嵐み、みれば大白の光け、こなたには大入島の火影きらめきそめぬ。静かに櫓こぐ翁の影黒く水に映れり。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「平田さんがお帰郷なさると、皆さんが楽におなりなさるんですか」
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
……そのか、どっちにしろ切符の表に、片仮名の(サ)の字が一字、何か書いてあると思いますか。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
具合いから、すぐよう」とつて、火鉢りながら、けてゐた御米ろかした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
咲く花とうたがう雞頭の
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
その日、私は学校のとに停車場前の通を横ぎって、真綿帽子やフランネルの布で頭を包んだ男だの、手拭って両手をに隠した女だのの行き過ぎるのにった。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)