“大白”の読み方と例文
読み方割合
たいはく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帰舟は客なかりき。醍醐の入江の口をる時彦岳嵐み、みれば大白の光け、こなたには大入島の火影きらめきそめぬ。静かに櫓こぐ翁の影黒く水に映れり。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「ソレ見ろ」というので友吉おやじと赤い舌を出し合ったが、これというのも要するに、あの呑兵衛老医師のお蔭だというので、三人が寄ると触ると、大白を挙げて万歳を三唱したものだ。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
取り敢ず大白を挙げて慶賀すべき現象と考えられるのであります。
鼻の表現 (新字新仮名) / 夢野久作(著)