“大白檜”の読み方と例文
読み方割合
おおしらびそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主として丈余の陣竹が密生した中を登るので、剣ヶ倉の登りとはまた変った苦しさを味った。附近は大白檜の大木がくない。
利根川水源地の山々 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
針葉樹の大深林が見られるのも、主として沼の北岸で、大白檜、黒檜、米栂、姫小松、唐松などが、或は混生し、或は純林をなして鬱蒼と繁茂している。
唐檜や黒檜の薄暗い幹の中に、白茶化けた樺がに明るく光っている。それを目あてに東南を指して進んだ。笹は短くなって歩きよくなるが、白檜や大白檜の若木がり出した。
秋の鬼怒沼 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)