“御刀”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みはかし50.0%
おかたな25.0%
おんかたな25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かれここに御合ひしたまひて、その御刀の草薙のを、その美夜受比賣のもとに置きて、伊服岐の山三一の神を取りに幸でましき。
お屋敷にるうちは気が張って居りましたから、御刀は丁稚にも持たさずに自分が脊負って参りましたが、途中からいが出てと歩かれませんようになり
手に入れんと思召すになし是は私しに御任せ有るべしお梅にと申せ御心に隨ふ樣得心致させ申べし先々御刀御納め下されよと云ふをひに粂之進は刀を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)