“御刀”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みはかし66.7%
おかたな33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
尾津のさきの一つ松のもとに到りまししに、先に、御食みをしせし時、其地そこに忘らしたりし御刀みはかしせずてなほありけり。
其時迸り出た血からいろいろの神が成り出ましたが、御刀みはかし手上たがみに集れる血手俣たなまたよりくき出て成りませる神の名を闇𨔆加美クラオカミノ神というとある。
二、三の山名について (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
ここにその御刀みはかしさきに著ける血、湯津石村ゆついはむらたばしりつきて成りませる神の名は、石拆いはさくの神。
かれここに御合ひしたまひて、その御刀みはかしの草薙のたちを、その美夜受みやず比賣のもとに置きて、伊服岐いぶきの山三一の神を取りに幸でましき。
へい/\、何ともハヤ申上げようもございませんが、重三郎は余りお屠蘇を沢山に頂戴致しまして、前後も分りませんように酩酊致しましたが、お屋敷にるうちは気が張って居りましたから、御刀おかたなは丁稚にも持たさずに自分が脊負って参りましたが