“旧跡地”の読み方と例文
読み方割合
きゅうせきち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのお近江源氏佐々木家と共に、奥州へ下向されたという古い家柄で、代々阪上田村麿将軍の旧跡地に、郷神社の神官をしていらっしゃるとかで、当主より幾代か前の時、長くらって
糸繰沼 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)