“としごろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
年頃30.1%
妙齢26.8%
年齢7.2%
年来5.9%
年比5.9%
年輩5.2%
年紀3.9%
妙齡2.6%
年來2.6%
年齡2.0%
年紀頃1.3%
年配1.3%
歳頃1.3%
芳紀1.3%
適齡0.7%
小嬢0.7%
年齢頃0.7%
旧来0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十四、五になる大概がそうであるように、袖子もその年頃になってみたら、人形のことなぞは次第れたようになった。
伸び支度 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「ヘヘヘ。博多中の妙齢の娘の乳房の黒い、赤いを間違いなく存じておりまする者は、この赤猪口兵衛タッタ一人で。ヘヘヘ……」
この種の告白に、ぢつと耳を藉す年齢——少くとも、それだけの成熟にまだ達しないといふ見当がついてゐるためもあらう。
落葉日記 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
深く年来の不孝を悔いて、て跡に残った母だけには最う苦労を掛けたくないと思い、父の葬式を済せてから、母を奉じて上京して、東京で一を成した。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
ドモ三成討死シ給フト申スモノ一人モ無シ、其実否ヲ聞届ケ給フマデハ御待候ベシ、年比父三成ノ御恩深ク蒙シ高野山ニ候間暫御忍ビアレ、御トモ可申ト頼シゲニ言ヒテンケレバ
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
夫れは下町の相場とて折かへして來るは無かりき、さるほどに此ほどの朝まだき四十に近かるべき年輩の男、紡績織の浴衣も少し色のさめたるを着て
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
女主人はわが何の爲めに問ひしかを疑ふものゝ如く、我面を暫し守りて二十八歳と答へつ。ジエンナロ。そはまことに好き年紀にて、殊におん身には似あひたり。
さうしてこの中の資格は處女に限られ、縁づいたものは籍を除かれ、新らしい妙齡のものが代つて入る。
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
にしつらひ、年來
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
れしかに香山家なりとは、車夫被布にもれたり、十七八とえしはくしさのならんが、年齡ほかにりともかず、さの令孃れならんれなるべし
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
名物赤福餅の旗、如月のはじめ三日の夜嵐に、はたはたと軒をり、じりじりと油が減って、早や十二時にとするのに、客はまだ帰りそうにもしないから、その年紀頃といい、容子といい
伊勢之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
が、もあらせず、今度は印半纏た若いものに船をらせて、亭主らしい年配法体したのがぎつけて、「これはこれは太夫様。」亭主も逸早くそれを知っていて、しく挨拶をした。
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
領せし御旗本の二男主税之助と云へる者人品歳頃とも相應なるにより是を乞ひて嘉川の養子に貰ひし處に其後平助は藤五郎藤三郎と云へる二人の男子をけしかば主税之助をひしことを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
芳紀の春子さんに至ってはえて突っ伏していた。
嫁取婿取 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
亡夫が「これ、俯向轉倒ばしゃったか? 適齡にならッしゃると仰向轉倒ばッしゃらう、なァ、?」といふとな、啼止って「」ぢゃといの。(笑ふ)。
カピ長 先度したりを繰返すまでゞござる。何分にも世間知らず、まだ十四度とは變移目をば、せめてもう二夏榮枯せいでは、適齡ともひかねます。
「ホホホホ、お嬢さんでもないわね私は。……でも、その小嬢だった頃、わたし開封の都で育ったでしょ。そして近所が色街でしたからね、しぜん稽古事は、ずいぶん仕込まれてきたんですって」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と言つて、年齢頃には頓着なく、箪笥の安いのを標準けられたものなのだ。
○さるほどに源教いほりにかへりて、朝日人をたのみて旧来しきじ村の紺屋七兵衛をまねき、昨夜かう/\の事ありしとお幽霊の㕝をこまかにり、お菊が亡魂今夜かならずきたるべし