“とし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トシ
語句割合
36.5%
年齢20.9%
15.6%
年紀8.1%
8.1%
年齡2.2%
1.3%
年歯0.9%
老齢0.9%
0.8%
都市0.6%
芳紀0.6%
0.6%
老年0.5%
杜詩0.4%
年歳0.3%
年配0.3%
年輩0.2%
0.2%
托氏0.1%
0.1%
0.1%
兎糸0.1%
0.1%
壮年0.1%
寿0.1%
年齒0.1%
0.1%
0.1%
都士0.1%
高齢0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、海蔵さんがいいました。そばにてみると、それはこの附近土地っている、とった地主であることがわかりました。
牛をつないだ椿の木 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
「市郎、大分寒くなったな。」と、父の安行背後から声をかけた。安行は今年六十歳の筈であるが、年齢よりもに若く見られた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
親兄弟の同意せぬ恋愛結婚などはまして遂行すべくもない薫である。十九になったに三位の参議になって、なお中将も兼ねていた。
源氏物語:44 匂宮 (新字新仮名) / 紫式部(著)
話はすこし昔にかえるが、この女は二十五の年紀に、たった一月のうちに、その父親と夫と、生れたばかりの赤ン坊を亡くしてしまったのだった。
狂女 (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
⦅こりや、フォマ、フォマつたら! もう嫁を貰つてもええをして、お主はまるで驢馬の仔みてえな、阿房な真似をさらすだ!⦆
三十にもならうとするお糸さんは、年齡の半分も下の姪から愛情をいつも受けてゐた。その時も、糠星のやうな眼に、急に火がつて
日本橋あたり (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
その趣味く——へば最近、その三上對手として、いいをしながら(失言?)將棋稽古しかけたりしてゐる。
我儘な一人息子は、年歯三十にして初めて自活——それもファニイとその子供迄養う決心をして、英国を飛出した。父子の間は音信不通となった。
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)
ロダン翁は老齢所為で少し日常の事には耄碌の気味だから、逢ふ度に初対面の挨拶をしたり以前の話を忘れて居たりして訪客を困らすが
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
と云う女があって、それが新蔵とは一年越互に思い合っていたのですが、どうしたか去年の暮に叔母の病気を見舞いに行ったぎり、音沙汰もなくなってしまったのです。
妖婆 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
社會は一回轉した。各個人極端生命んじ財産ぶ、都市は十發達して、魁偉なる建築公衆威嚇する。科學進歩する。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
芳紀のほども、美しさに過ぎて、幾つぐらいとも計りがたいが、蘭瞼細腰すがたは、むしろ天女に近いと云ってもいい。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大きな尨犬の「熊」は、をとった牝犬だったが、主人の命で、鋭く吠えたてたので流石の腕白連も、たまりもなく逃げてしまった。
戦争雑記 (新字新仮名) / 徳永直(著)
『明日がえ? 行くどもせア。權作ア此老年になるだが、馬車つぱらねえでヤ、腹減つて斃死るだあよ。』
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
洞庭湖杜詩琵琶行の文句や赤壁の一節など、長いこと想い出すおりもなかった耳ざわりのいい漢文のことばがおのずから朗々たるひびきをにのぼって来る。
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
黎元撫育する年歳を経たり。風化して、囹圄しからず。通旦を忘れて憂労り。頃者はし、地震動す。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
し、この年配ごろの人数には漏れない、判官贔屓が、その古跡を、取散らすまい、犯すまいとしたのであった——
瓜の涙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
何処から現われたのかも気がつかなかったので、も地の底から湧出たかのように思われ、自分は驚いてく見ると年輩は三十ばかり、面長の鼻の高い男、背はすらりとした膄形
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
父はあなたの大きな才能を崇拝して、いつでも婿にしようとしているのですが、ただ妹の嬌娜は、どうもが若すぎるのです。
嬌娜 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
香港上海の支那人の中には、偶然この本を読んだ為めに、生涯托氏を師と仰いだ、若干の青年があつたかも知れぬ。
点心 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
今日本郷通りを歩いてゐたら、ふと托氏宗教小説と云う本を見つけた。を尋ねれば十五銭だと云ふ。
点心 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
されば夫婦の間は、何時か不和になツて、父は待する、母は反抗する、一粉統と共にるばかりであツた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
は眼をさますと慌てて川べりへ出て見た。対岸の崖の上に今夜三つ灯がともれているばかりだった。暗夜の茂をながれる大河の音が一時に耳もとに襲うた。
童話 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
熊笹の中をけ下ると、などの林に這入る。いかにきな樹でも一抱えぐらいに過ぎないが、幹という幹には苔が蒸して、枝には兎糸が垂れ下っている。
木曽御嶽の両面 (新字新仮名) / 吉江喬松(著)
さん、ひょっとお前は——」サア来たと私は思った。
私の父 (新字新仮名) / 堺利彦(著)
「おまえさんの壮年で、独身で、情婦がないなんて、ほんとに男子恥辱だよ。私が似合わしいのを一人世話してあげようか」
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
忽然、うす黒い瞼を落し、まだ三十六歳の若い寿に終りを告げた。時、建安十五年の冬十二月三日であったという。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
人々を凝らして之を見れば、年齒は十六七、精好の緋の袴ふみしだき、柳裏五衣打ち重ね、にも餘る緑の黒髮にゆりかけたる樣は、舞子白拍子の媚態あるには似で
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
しと待居たり然るに寅刻頃とも思ふ頃かに聞ゆる驛路馬士唄高々と來掛る挑灯
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
明るくて子は楽し薔薇を摘み茅花抜く日も我れみとる日も
晶子鑑賞 (新字旧仮名) / 平野万里(著)
ザレバ鳥啼虫吟沾沾トシテラ喜ビ佳処アリトイヘドモ辺幅固已ヨリ狭シ。人ニ郷党自好ノ士アリ。詩ニモマタ郷党自好ノ詩アリ。桓寛ガ『塩鉄論』ニ曰ク鄙儒都士カズト。信ズベシ矣。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
あの高齢をからげて、こんな子供だましみたいな物を拵らへて御恐悦なんだからなあ!