木曽御嶽の両面きそおんたけのりょうめん
八月の初旬、信濃の高原は雲の変幻の最も烈しい時である。桔梗が原を囲む山々の影も時あって暗く、時あって明るく、その緑の色も次第に黒みを帯びて来た。入日の雲が真紅に紫にあるいは黄色に燃えて燦爛の美を尽すのも今だ。この原の奇観の一つに算えられてい …
作品に特徴的な語句
ほのか しき いず ほの 如何どう 安房あぼう 愍然あわれ やわらか とも 判然わか ひっ ゆら いや とお さえ 一抱ひとかか 久振ひさしぶ ことごと めぐ こす 日除ひよ 桑摘くわつみ さわや 犀川さいがわ くら かお にぎや さま へだた あらわ ふう ひと 一簇ひとむら 一縷いちる 丁寧ていねい にわか 偃松はいまつ まま 兎糸とし 其処そこ 其奴そいつ すご 出抜だしぬ 切角せっかく 判明わか 刹那せつな きざ 匆々そうそう おろ 可愛かわい 吃驚びっくり いなな ささや かこ ふさ 夕靄ゆうもや 大方おおかた 奔騰ほんとう 如何いか かかあ 安気あんき 寂莫せきばく 巌丈がんじょう めぐ おお 巻舒けんじょ 年老としと くるわ 強力ごうりき みち 御座ござ かす たちま 慨歎がいたん 掛樋かけひ かす 擂鉢すりばち 攅簇さんそう まだら 是非ぜひ しばら 朧気おぼろげ 杜絶とだ 松明たいまつ 林檎りんご つが 桔梗ききょう