“としより”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トシヨリ
語句割合
老人53.0%
年寄11.6%
老年6.7%
老婆5.5%
年老3.7%
老女3.7%
老母3.4%
俊頼2.1%
祖母1.2%
老婦1.2%
老寄1.2%
老爺0.9%
0.6%
0.6%
老父0.6%
年長者0.6%
老者0.6%
長老0.6%
年者0.3%
成年者0.3%
老嫗0.3%
老成人0.3%
老父母0.3%
老親0.3%
老齢0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
老人子供だから馬鹿にしてふやうにはいてれぬと祖母さんがつてたつけ、れが大人ると質屋さして
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
其処へ和上の縁談が伝はつたので年寄仲間は皆眉をめたが、う云ふ運命であつたか、呉服屋の娘の輿入があると云ふ三日前
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
老年が罪を造るのも貧ゆえです。ねえ、貴女。」と綾子眼をしばたたけば、貞子はきて、「定や、あれを遣わすが可い。」
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
短い脇差を帯にさし、草履のを足にしばっているので、人々はこのきかない気の老婆がもう何を決意しているか、よく分った。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
奥様何程に喜んで聴いてらつしやるかと思ひましてネ——オホヽ梅子さん、又た年老の愚痴話、御免遊ばせ——
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
老女 ある人はわたしのことを「かわいそうな老女」と云っている、ある人は「フウリハンの娘のカスリイン」とも言っている。
子息は茶のの火鉢のところに坐って、老母と茶を呑んでいた。で肩の男の後姿が、上り口の障子の腰硝子から覗くお庄の目についた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
俊頼顕昭の盛んに古歌を解説した時代には、果して京都でもそう啼いたものか否かは知らぬが、少なくともこの話だけは源平以前からあった。
祖母は、その日もおなじほどの炎天を、草鞋穿で、松任という、三里隔った町まで、父が存生の時に工賃の貸がある骨董屋へ、勘定を取りに行ったのであった。
瓜の涙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
林の隠居は、こんな事をしたことの無い、温柔しい老婦で、多勢の前へ出ると最早下を向いて了った。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
僧都、すぐに出向うて、遠路であるが、途中、早速、硝子とそのを取棄てさして下さい。お老寄に、御苦労ながら。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
保羅が、門の前で大きな声で叫ぶと、すこし離れた別棟の小屋の戸があいて、提灯をさげた、六十ばかりの老爺がびっこをひきながら出て来て、ひどく大儀そうに門をあけた。
キャラコさん:05 鴎 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
七十のが、往復六里。
瓜の涙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そして給仕をしている者は、どれも黒褐色の衣服を着ていたが、そのうちの一人はで、他の一人はのようであった。と、黄な衣服を着た者の話す声が聞えて来た。
汪士秀 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
『お父さん、豚が煮えやしたから。』と、宗三郎は手づから皿に肉を盛つて老父にすゝめた。
四十余日 (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
『菊池ツて云ふさうです。何でも、釧路に居る記者の中では一番年長者だらうツて話でしたよ。』
菊池君 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
どうで隠居をするというのだから、老者覚悟の前だッたが、その疲曳なのには驚いたね。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と、土地長老五人をえらんで、その者たちに処理を托した。——そして、即日
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
はい、はい、御尤で。実はを参ろうと存じましてございましたが、ついこの年者と申すものは、無闇と気ばかりきたがるもので、一時も早く如来様が拝みたさに、こんな不了簡を起しまして。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
同じ話がまた、前夜其場に行合せた農夫が、午頃何かの用で小川家の台所に来た時、詳しく家中の耳に伝へられた。成年者達は心から吉野の義気に感じた様に、それに就いて語つた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
おまえの髪とり結び喼喼如律令えて谷川に流しるがよいとの事、憎や老嫗の癖に我をらるゝとはながら、貴君御足止度さ故に良事られしよう馬鹿気たる
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
あるものは必ず滅する。老木の朽ち枯れるそばで、若木は茂り栄えて行く。嫡子光尚の周囲にいる少壮者どもから見れば、自分の任用している老成人らは、もういなくてよいのである。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
階下では、老父母も才次夫婦も子供達も、彼方此方の部屋に早くから眠りに就いて、階子段の下の行燈が、深い闇の中に微かな光を放つてゐた。
入江のほとり (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)
老親にも女房子にも、には、帰って功名ばなしの一つも聞かせ、一合のお扶持でも御加増に逢って、歓ばせてやりたいからな
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
梅は大隈侯のやうに老齢で、加之にまた大隈侯のやうに杖にりかゝつてゐたが、玄知はその姿が気に入つたので、早速百姓に掛合つてみると、百姓は幾らかつたを切り出した。