“年歳”の読み方と例文
読み方割合
とし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「チエイッ! 御老人は年歳は年齢だが、お手前をはじめ諏訪など、だいぶ手ききが揃っておると聞いたに、なななんたる不覚——」
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
黎元撫育する年歳を経たり。風化して、囹圄しからず。通旦を忘れて憂労り。頃者はし、地震動す。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
けろりとなるといったふうな飄然としたなかに、いかにも温情のあふれている先生で、年歳はもう四十を越していたが、師範を出ていないせいか、学校での席次は
次郎物語:02 第二部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)