戦争雑記せんそうざっき
日露戦争がどんな理由、如何なる露国の、日本に対する圧迫、凌辱に依って、日本の政府が、あの如く日本国民を憤起させて敢て満洲の草原に幾万の同胞の屍を曝させたかは、当時、七歳にしかならない私に分りようがなかった。ただ、 「ロスケが悪いのだ、赤鬚が …
作品に特徴的な語句
習慣ならわ おと 背負せおい 蝸牛でんでん かか とと おろ いつ とし さが くら なお はずか うし まか 万歳ばんざあ おの かち ただち じん らい わか じゅう たた はず きた ひも あが うな 赤褌あかべこ もよ 見分みわけ 見下みお のの 相格そうがく 狼狽あわ よし おだ こが しゃ 喧嘩げんか こし 大津おおづ 恵美めぐみ 寝覚ねおぼえ 彼処あそこ 常傭じょうよう 尚更なおさ くろず 高梁コウリャン 風付ふうつき 露国ロシア とな かよ 退 さだ とよ なじ 記憶おぼ 見向みむき ほうむ 空俵あきたわら 益城ますしろ うま 牝犬めすいぬ げん ほと だま おそ すう ひき ゆびさ にな こわ いか かたま 合点がってん 名代みょうだい 大兵たいひょう はい 夭死ようし うり