“最近”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さいきん82.6%
まぢか8.7%
いましがた4.3%
ちかごろ4.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最近汽車脱線したときも、それだったじゃないか。また、運転手がむだたのではないか。」と、高等官はいいました。
白い影 (新字新仮名) / 小川未明(著)
その愈々婚礼の晩という日の午後三時頃でもあろうか。村の小川、海に流れ出る最近の川柳れる小陰に釣をる二人の人がある。
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
悄然として数馬も首垂れる。殺されたのに疑いなさそうである。生血が未だ乾かないのを見ると殺人の兇行の行われたのはほんの最近に相違ない。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
この部落へは最近はいったばかりであり岩石ヶ城の者どもも顔を見知ってはおるまいによって、手段を講じ敵地へ入り込み姫を助けてはくれまいか、と、この私にお気の毒にも
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)