白い影しろいかげ
夏の日のことでありました。汽車の運転手は、広い野原の中にさしかかりますと、白い着物を着た男が、のそりのそりと線路の中を歩いているのを認めました。 このあたりには人家もまれであって、右を見ても左を見ても、草の葉がきらきらと、さながらぬれてでも …
作品に特徴的な語句
ぽう うえ 最初さいしょ すく さい 失敗しっぱい 最終さいしゅう 暴風ぼうふう そん いそ けん がわ みと 負傷ふしょう 車内しゃない 報道ほうどう 地震じしん つら どう 燈火ともしび あらわ 理由りゆう 生活せいかつ 発見はっけん さか ほう すう とう こめ こま 老人ろうじん かれ いちじる ひだり 見物けんぶつ かど いえ しつ せつ むすめ 天地てんち 大臣だいじん 大河おおかわ よる そと 変化へんか 転覆てんぷく 堤防ていぼう 国境こっきょう 退職たいしょく 命拾いのちびろ さき なか からだ ひか あいだ はい あお 内部ないぶ あた 今日きょう 列車れっしゃ べつ あたま 事情じじょう 労働ろうどう にん 過失かしつ 原因げんいん おと 前方ぜんぽう こた わき 線路せんろ 緑色みどりいろ 着物きもの あみ あお 非難ひなん くだ 空想くうそう まど かお