“車内”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しやない62.5%
うち12.5%
しゃない12.5%
なか12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さうしてその四から、したやうなどす空氣が、息苦しいになつて濛濛車内した。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
次第くなつたので外面模樣陰鬱になるばかり、車内退屈すばかり眞鶴巡査がとう/\
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
「どうしたのだ?」といって、みんなは、客車からして、をのぞきました。運転手や、その汽車勤務員は、車内からりて、前方汽罐車かってけていきました。
白い影 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「よく面倒を見て下さいよ。」と、車掌が車内へ私を抱き載せる時に、ベシーは、彼に叫んだ。