“魔女”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まじょ70.0%
まをんな10.0%
ヘカテ10.0%
ヘクセ10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“魔女”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 小説 物語(児童)25.0%
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学(児童)23.1%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それにしても、あの年寄としよった魔女まじょは、どうなったでしょう? それはたれったものはありません。
魔女まじょはいろうとおもときには、とうしたって、おおきなこえでこううのです。
「それはあなたに迷はされたのです。誰だつてあなたに迷はされないものはありません。あなたは魔女まをんなですね。」
ねえ田郷さん、僕が持ち出した汝真夜中のザウ・ミックスチュア・ランク……の一句には、こういう具合に、二重にも三重にもの陥穽かんせいが設けられてあったのです。勿論僕は、貴方がこの事件で、告死老人バンシュライスの役割をつとめていたとは思いませんが、しかしその、魔女ヘカテが呪い毒に染んだという三たびスライスは、いったい何事を意味しているでしょうか。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
そしたら当時のリアクションと小人的悪意によって(ケプラーへの)母親は魔女ヘクセと云われ、裁判にかけられ、拷問され、やきころされそうになりました。
魔女ヘクセ問題らしく、一人の農夫は、あのヘクセ奴がうちの家畜小舎の横を通ったおかげで間もなく牛が殺された、というようなことを云い、それが証言(!)なのよ。