わに
己の友達で、同僚で、遠い親類にさへなつてゐる、学者のイワン・マトヱエヰツチユと云ふ男がゐる。その男の細君エレナ・イワノフナが一月十三日午後〇時三十分に突然かう云ふ事を言ひ出した。それは此間から新道で見料を取つて見せてゐる大きい鰐を見に行きた …
作品に特徴的な語句
しやう 上下じやうか あきれ から がへん 徒事いたづらごと いづ よそほ まね かた いさぎよし 放縦はうじゆう ことさ 熱灰ねつくわい 譫語うはこと 食物くひもの 午食ひるしよく 可哀かはい やぶさか くしやみ ちなみ くは 家主いへぬし もつとも 彼奴きやつ あは 昨夕さくせき 曩日なうじつ ねむ つひ 縦令たとへ 誇張くわちやう のぼ こぼ くら もと 例之たと あたひ 午前ひるまへ 周囲まはり 嚥下えんげ そね 微笑ほゝゑ 忍笑しのびわらひ せは いかり 数多すうた かく 旅人りよじん 旨味しみ 毎朝まいてう へい 直傍ぢきそば 簿書ぼしよ くは こまか からし つまびらか 謦咳しはぶき 饒舌しやべ 魔女まをんな 不束ふつゝか 云為うんゐ にん 今将いまゝさ 可笑をか つばき 啓示けいし たゞ 変物かはりもの 如何いかん みだり さい ほう さき 己惚うぬぼれ 所謂いはゆる さしはさ こね 杞憂きいう 横銜よこくは 池沼ちせう 為様しやう やゝ 膾炙くわいしや 草臥くたびれ おそれ 行方ゆくへ 金高かねだか ひま 雑鬧ざつたう 上高あがりだか 下肢かし 今日こんにち 例之たとへ とりこ なら