“巨男”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおおとこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“巨男”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
巨男おおおとこは大きな大理石を三つもらって、それを背負せおい、白鳥をその上にとまらして帰途きとにつきました。
巨男の話 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
そんなときには、白鳥は首をたれて巨男おおおとこの話を聞いていましたが、なみだを流したことはありませんでした。
巨男の話 (新字新仮名) / 新美南吉(著)