“せいしん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
精神34.8%
星辰23.9%
成心7.6%
清心6.5%
誠心4.3%
清新3.3%
征清3.3%
精心3.3%
世臣2.2%
星晨2.2%
清津2.2%
正心1.1%
生新1.1%
盛心1.1%
精進1.1%
西晋1.1%
静心1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
した放縱日頃自然精神にも肉體にも急激休養へたので自分ながら一はげつそりとへたにもはれて
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
一本の樹木、山の上の一片の雲の影、牧場の息吹き、星辰の群がってる騒々しい夜の空……それらを見ても血が湧きたった……。
彼がけているのは狂言であり偏執であり成心であり盲従であって、求めているのは冷静な客観の自由であり、公平な立会人たる権利なのである。
狂言は黙阿弥の『小袖曽我薊色縫』で、小団次清心粂三郎十六夜三十郎大寺正兵衛という評判の顔あわせ。
左樣確信します、我等同志として、永久秘密約束はゞ、誠心より三度はれよ。
と思うと、すでに二試合合図が、もつかずとうとうと鳴りわたって、清新緊張と、まえにもまさる厳粛な空気を、そこにシーンとすみかえらせてきた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さてその頃は、征清出師ありし頃、折はあたかも予備後備に対する召集令の発表されし折なりし。
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
して漕寄見れば當時本店にて日の出の番頭吉兵衞なれば杢右衞門慇懃に是は/\番頭樣には御用にて御れしやと尋ければ吉兵衞御前方も兼て知らるゝ如く此吉兵衞は是迄精心
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
約言すれば理においては、水戸皇家と最も関係を有し、情においては、毛利皇家と最も関係を有す。松陰が毛利氏の世臣たることは、彼の生涯において、浅からぬ感化あるを疑うべからず。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
忽ち、空箱の机や日月星晨の幕をおろして、水洟をすすッている同業の先生達へ
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大連から清津へ抜けて、あすこから浦塩へ抜けるがありますから……露西亜語ならお手のものでしょう……ハラショ……済みませんがそのベルをモウ一度押して下さい。いくつでもよろしい。
焦点を合せる (新字新仮名) / 夢野久作(著)
然れども吾人、偏狭ら甘んぜんや、凡そ道義を唱へ、正心を尊ぶもの、釈にも儒にもあれ、吾人んぞ喜んで袂を連ねざらんや。
「平和」発行之辞 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
酒のに不向きなまぐろで辛抱してきたであろう江戸人……、肉のいたみやすいめじまぐろに飽きはてた江戸人が、目に生新青葉を見て爽快となり、なにがなと望むところへ
いなせな縞の初鰹 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
して必ずある者は、天地の定理なり。仁人を述べてむ。してまざる者は、聖賢盛心なり。君子して以てう」
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
ケダシ士君子万巻ヲ読破スルモマタラク廟堂ニ登リ山川海内名流ニ結ブベシ。然ル後気局見解自然ニ濶大ス、良友ノ琢磨ハ自然ニ精進ス。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
西晋永嘉五年、張栄高平巡邏主となっていた時に、曹嶷という賊が乱を起して、近所の地方をあらし廻るので、張は各村の住民に命じて、一種の自警団を組織し
一番始めには現代青年の煩悶に対する諸家の解決とある。高柳君は急に読んで見る気になった。——第一は静心工夫を積めと云う注意だ。積めとはどう積むのかちっともわからない。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)