“士君子”の読み方と例文
読み方割合
しくんし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
故に世上有志士君子が、その郷里の事態をてこれが処置を工夫するときに当り、この小冊子もまた、或は考案の一助たるべし。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
ケダシ士君子万巻ヲ読破スルモマタラク廟堂ニ登リ山川海内名流ニ結ブベシ。然ル後気局見解自然ニ濶大ス、良友ノ琢磨ハ自然ニ精進ス。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
法に従って彼らをせんか、むらくは彼らの中には有名の士君子が多く、かつこれらの人はごろ社会百般の事柄に力を尽し、世間の信用と敬愛とを受けている。法に従い罰するにびぬ。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)