“大人君子”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たいじんくんし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大人君子”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「中身はお伽噺とぎばなしのようなものだが、このお伽噺は大人君子たいじんくんしも深く味わわなければならないお伽噺だ」
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
人は世にひゞわたるほどの善事よきことしたきものなり、人は世に効益かうえきあたふる大人君子たいじんくんしむかひては、直接の関係はなくとも
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)