“大人氣”の読み方と例文
新字:大人気
読み方割合
おとなげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
決して恨んでたもるまい此場にんで左右言譯するも大人氣なし永き苦しみさせるのも猶々不便が彌増ばと再度大刀振上ていざ/\覺悟と切付るの下に鰭伏て兩手を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
自分の大人氣無い姿を思ひ出すと、三田は再びあの靴屋の店に足踏みする氣にはならなかつた。
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
前に置いて、親同志の喧嘩は大人氣ない。相模屋の若旦那には、八五郎が一緒について、江の島へ行つた筈です。昨夜宿をあけたかあけないか、人をやつてけばすぐわかることです