“大人数”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおにんずう50.0%
だいにんずう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大人数”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それはかく不意ふい来客らいきゃくとしては五六十にんはなかなかの大人数おおにんずうでございます。
「そらいけ。」と言うが早いか、何千人という大人数だいにんずうが、一どに馬にとびのって、大風おおかぜのように、びゅうびゅうかけだしました。
ぶくぶく長々火の目小僧 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)