“多人数”のいろいろな読み方と例文
旧字:多人數
読み方割合
たにんず89.7%
おおぜい3.4%
おほく3.4%
たにんずう3.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
男「きに待遠だったろうな、もっと早く出ようと心得たが、何分出入多人数で、奉公人の手前もあって出る事は出来なかった」
あの小僧のく因縁、故事来歴を知らねえから平気で雇ったにえねえんだ。悪いあ云わねえから早く船長に話して、あの小僧を降してもらいな。多人数の云うあ聴いとくもんだ。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
伯母さん止めずに下されと身もだへしてれば、何を女郎め頬桁たたく、姉の跡つぎの乞食め、手前の相手にはこれが相応だと多人数のうしろより長吉、泥草履つかんで投つければ
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
つてくか、天井——五階のあたりで、多人数のわや/\ものきながら、積日辛労安心した気抜けの所為で、まゝ前後不覚つた。……
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)