“前後不覚”の読み方と例文
旧字:前後不覺
読み方割合
ぜんごふかく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
などと考えたけれど夫人はいつも神経過敏で、容易に前後不覚らなかったので、手術を加えても、その途中の疼痛は、それとち気がつくことだろうと予測された。
振動魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)
つてくか、天井——五階のあたりで、多人数のわや/\ものきながら、積日辛労安心した気抜けの所為で、まゝ前後不覚つた。……
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ちょうどその時刻、それまでは前後不覚であった馬糧小屋蛾次郎がおの上へ、草鞋からはがれたような一かたまりの土が、しかもいている口のあたりへ、グシャリと、落ちたものである。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)