“人数之多少”の読み方と例文
読み方割合
にんずのたしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
放火を捕まえるか、訴え出た者は、「御褒美人数之多少らず」白銀三十枚ずつ、——当時にしては非常な奮発です。「江戸の花」と言われた火事はこうまで用心され、警戒されました。