“惣人数”の読み方と例文
旧字:惣人數
読み方割合
そうにんず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
福澤等はず役人のような者ではあるが、大名の家来、所謂陪臣の身分であるから、一行中の一番下席惣人数凡そ四十人足らず、れも日本服に大小をえて巴里竜動闊歩したも可笑しい。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
一、惣人数共に常に申聞候、白布にて鉢捲仕るべく候。
厳島合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)