“人数押”の読み方と例文
読み方割合
にんずおさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文政元年より毎年二月と九月に長崎奉行兎狩に託して人数押えを行うた由(『甲子夜話』六四)、いずれそれが済んだ後で一盃飲んだのでしょう。