“御人数”の読み方と例文
旧字:御人數
読み方割合
ごにんず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新潟あたりの旅人をしちゃア親船に連れだって、裸体に剥ぎ取って、海にり込むてえ話だ、さア御領主様も容易ならねえ海賊だてえんで、御人数を出しても
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
それに御宅は御人数も多いんだから入用ことも入用サね。のとこなんか二人きりだから幾干入用ア仕ない。それでも三銭五銭と計量炭を毎日のように買うんだからね、全くやりきれや仕ない
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
御人数はと聞かれて、その何だか四五人の事も御座りますし、七八人にも成りますし、始終ごたごたしては御座りませぬといふ、妙な事のと思ひしが掃除のすみて日暮れがたに引移り来たりしは
うつせみ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)