“おおぜい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
大勢51.2%
多勢44.6%
多数3.3%
多人数0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いったい世間のものは、みんな十人十色で、どれだけ大勢の人が集まっていても、寸分たがわぬ、同じ人間は、一人もありません。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
その様子は隣人の不幸をいたむというよりも、むしろ、多勢の人の中で、立ち働く機会が降って湧いたのを喜んでいるという風だった。
誰が何故彼を殺したか (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
それは神木である御蔭じゃ。にこの銀杏には神様御眷族多数いてられる。しいささかでもこれに暴行えようものなら、立所神罰るであろう。
あの小僧のく因縁、故事来歴を知らねえから平気で雇ったにえねえんだ。悪いあ云わねえから早く船長に話して、あの小僧を降してもらいな。多人数の云うあ聴いとくもんだ。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)