“日本国中”のいろいろな読み方と例文
旧字:日本國中
読み方割合
にほんこくじゅう33.3%
にほんこくちゆう33.3%
にほんこくぢう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これとすも神様御加護、お他所銀杏とはなり、何年てどれず、ちず、日本国中無類神木として、もこのえてるような次第じゃ。
じに日本国中何処ともなう、或年或月或日に、行逢はす、にもにも、にもにも、にもにも、にもにも、からまるがあつて、ならば、ならば、
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
此度 英照皇太后陛下御大喪きましては、日本国中人民何社でも、総代として一づゝ御拝観めに京都へ出す事に相成りました。
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)