“振上”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふりあげ50.0%
ふりあ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吾助は得たりと太刀振上一刀に討たんとするやお花は二ツと見えし時友次郎がと打たる小柄手裏劍ず吾助が右のに打込みければ忽ち白刄
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
右の手高く振上には鉄をも砕くべきが気高くしきるるゆる姿、さても水々として柔かそうな裸身らば熱血もりなんを、どうまあ邪見に鬼々しくくあてらるべき
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
れてめて『い』といふをほんたうにつた、自分いとひながら振上げ/\してつのに夢中になつてしまつた、あんな心持めてだ
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
ふともるゝことははずやかに白状せよとされければ大膽無類の長庵も最早はじとや思ひけん見る中に髮髯逆立兩眼惡鬼羅刹の如き振上げ一同の者を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)