“ふりあ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
揮上37.5%
振挙25.0%
振上12.5%
振合12.5%
掉上12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(畜生さあ、鳴かねえ鶯なら絞殺して附焼だ。)と愛吉はちらつくまなこ、二三度なぐりはずして、ひとり蹌踉よろけざまにまた揮上ふりあげた。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
にしたかひなを、思切おもひきつたしるしに、たゝきつけやうとして揮上ふりあげた、……こぶしれて、ころ/\とさいこぼれて。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「わツ、」とさけんで、咽喉のどつかんだまゝ、けやうとして振挙ふりあげた
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
しばらく、どうぞ」宮は取乱したる泣顔を振挙ふりあげて、重きまぶたの露を払へり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
自分じぶんわるいとおもひながらぼう振上ふりあげ/\してかめつのに夢中むちうになつてしまつた
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
第一は大菩薩峠の頂で猿と闘った時の笈摺おいずるの姿、第二は神尾の邸に侍女こしもとをしていた時の御守殿風ごしゅでんふう、第三はすなわち今、太夫ほどに派手はででなく、芸子げいこほどに地味じみでもない、華奢きゃしゃを好む京大阪の商家には、ちょうどこのくらいの振合ふりあいをした嬢様がある。
その時乞食僧はつえ掉上ふりあげ、「手段のいかんをさえ問わざれば何ののぞみか達せざらむ。」
妖僧記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)