“フレッシュ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
新鮮75.0%
清新25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東京の街頭などでは、夢にも見られないような、その新鮮フレッシュな情景が、俺の心を初秋の京都にひきつけてしまった。
無名作家の日記 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
うち晴れた空と心地よく濡った大地と、それから冬から春に変りゆく太陽の輝かしい柔い光線、こんな日に少しばかり郊外の途を辿るのは確かに新鮮フレッシュな悦びであらねばならぬ。
過渡人 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
あの、早春の鉛色なまりいろの空を背景にして、ふしくれだった、そしてひねくれ曲がった枝に、一輪二輪とほころめるところは、清新フレッシュな、本当になんとも言われない妙味のあるものです。
季節の植物帳 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)