チェーホフ序説チェーホフじょせつ――一つの反措定として――――ひとつのはんそていとして――
チェーホフは自伝というものが嫌いだった。——僕には自伝恐怖症という病気がある。自分のことがかれこれ書いてあるのを読んだり、ましてやそれを発表するために書くなどということは、僕には全くやりきれない。……そんな意味のことを、一八九九年の秋、つま …
作品に特徴的な語句
あら いちじ づら はま おお きま 道楽やっ むな 申開もうしひら はた あきら はば ため 泥濘でいねい 饒舌じょうぜつ しか つら 凍原トゥンドラ おぼ いと はし かたま たた あき 手近てぢ すくな 簇出そうしゅつ ろう れん 脾臓フサギノムシ そで 濫費らんぴ はげ つばめ 爽快そうかい 牛蒡ごぼう 独鈷とっこ 田舎いなか 甲板かんぱん 畏敬いけい はたけ 畢竟ひっきょう がん 白樺しらかば 益〻ますます 相俟あいま まゆ ねむ 矜持きょうじ まつ 祝祷しゅくとう 禽獣きんじゅう まれ 稀代きたい 稀有けう 稍〻やや 稟質ひんしつ たね つも うかが 端役はやく 笞刑ちけい はず 綜合そうごう 総嘗そうな 縷々るる 羨望せんぼう 老獪ろうかい ふけ 胸襟きょうきん 頂戴ちょうだい 遺憾いかん ひど かも 野鄙やひ はば すき はな 雪崩なだれ もと 震憾しんかん 非情アパシー 鳶色とびいろ だま ひげ ふか 馬匹ばひつ 黄昏たそがれ