“馬匹”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ばひつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“馬匹”を含む作品のジャンル比率
産業 > 畜産業 > 畜産史 事情100.0%
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ(児童)50.0%
社会科学 > 経済 > 経済学・経済思想14.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
三十六年には主務なる又一またいちは一年志願兵となり、其不在中大雪に馬匹ばひつの半数をたおしたり。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)
娯楽用馬匹ばひつまたは馬車に対する租税は、かかる享楽物を備えている者により、かつ彼らがそれらを備えている程度に正確に比例して、支払われる。