“埒明”の読み方と例文
読み方割合
らちあ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
墓参りもし、法事も済み、わざとの振舞は叔母が手料理の精進埒明けて、さて疲労が出た頃は、叔父も叔母も安心の胸を撫下した。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
埒明かんで、久しい風邪でな、稼業は出来ず、段々弱るばっかりじゃ。芭蕉の葉を煎じて飲むと、熱がれると云うので、」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いづれも最早や埒明き候へば暇乞ひして在所へ罷越候にや。かの娘の姿を今一眼見んとて所々を捜し候へども遂に見ることはず、そのまゝになり候。