“へさき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
66.7%
舳先20.1%
船首8.6%
2.9%
舟首0.6%
0.6%
部崎0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の斜の行手に浪から立ちって、ホースの雨のように、飛魚の群が虹のような色彩にめいて、繰り返し繰り返し海へ注ぎ落ちる。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
……と思ううちに、その舳先に仁王立ちになった向う鉢巻の友吉おやじが、巻線香と爆弾を高々と差し上げながら、何やら饒舌り初めた。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
錨を抜いた港から、汽笛と共にぎ出て、乗ツてる人の目指す港へ、船首を向けて居る船にはない。
漂泊 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
は若い船頭に命令を与える必要上、ボオトのに陣どっていた。が、命令を与えるよりものべつに僕に話しかけていた。
湖南の扇 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
……舟首がもう水門へ。……白いお姉様の着物が……黒い水が蛇のようにうねくって。……あッ! 舟が水門へ! ……お姉様よう!
レモンの花の咲く丘へ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
また船のの方に我は顔して坐りなどする者をば将監様とよぶ。これは江戸の頃の水の上の向井将監にかけて云へるにて、将監のやうに坐りて傲り高ぶれるといふ意なるべし。
鼠頭魚釣り (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
当月十日、異国船一上筋より乗り下し、豊前国田野浦部崎の方に寄り沖合いへ碇泊いたし
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)